THETA S 用のケースとして、自立するペンケース「ネオクリッツミニ」がおすすめ

全天球の動画や静止画を撮影出来るRICOH の THETA S 、ついに私も買ってしまいました。

   

 THETA S に関しては、全天球撮影というその独自性から、静止画や動画について、多くの方がブログやYouTubeで紹介しています。

 付属している布製のケースが若干きつくて使いにくい面があり、ネット上でも別売のケースをすすめる記事や動画を見かけます。

純正のソフトケースは、THETA用ソフトケース TS-1 ブラック スロットインタイプ です。

     

その他、ネット上では、 ABITAX 5720 Pocket LS MT 5720LS-04

   

これが3,300円くらい。

10,000円以上もする、RICOH THETA S(リコーシータS)専用ケース「鞘 -SAYA - S 」 ブラック なんてのもあります。

さて、私が紹介するのは、コクヨの自立するペンケース ネオクリッツ ミニです。

        

大きさ的には、こんな感じです。

CIMG0789ee.jpg

中に入れてみると、こんな感じ。

CIMG0792ee.jpg
ケース自体が柔らかいクッションになっているのが良いですね~。

ペンケースの下部は固くなっているので、レンズ部の保護とか考えたら、下向きに入れるのもありかも・・

CIMG0793ee.jpg

自立する特徴を生かして、簡易的なスタンドとしても使えそうです。

CIMG0795ee.jpg

ストラップなどは付けられませんが、鞄に入れて持ち運ぶなら最適なケースだと思います。価格も1,000円しなくてリーズナブルです。

THETA S を購入したそもそもの目的は、佐野カイロのインストアビュー的な画像をホームページにやGoogleマップに投稿しようと考えたからからですので、近々、アップしたいと思います。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEO対策: カイロプラクティック 整体 腰痛 予防 下伊那郡