顎関節のストレッチ体操「ムンクの叫びストレッチ」

 「顎関節の痛みで口を大きく開けられない」「口を開けようとすると顎関節でカクンと音がする」など、顎関節の不具合でお悩みの方は意外と多いようです。

 「顎関節症に対する施術」でも解説していますが、下あごの骨は、頭蓋骨から筋肉でぶら下がるような形で位置しています。

 開口時、左右の筋肉にバランスの乱れが生じると、当然、下顎骨は真っ直ぐ動くことが出来ずに、関節の不具合を起こしやすくなってしまいます。

 施術では、このバランスの乱れに対して、「体の歪みを整える」という方向からアプローチしていきますが、それほど重症でない場合、左右の筋肉を出来るだけリラックスさせて、バランス良く、真っ直ぐに動かす練習をすることで負担のない開口動作を身体に覚えさせることで、顎関節の動きの正常化が期待できます。

 と言うことで、簡単にできるストレッチ体操を考案しました。
 その様子が、絵画「ムンクの叫び」に似ているので、「ムンクの叫びストレッチ」と名付けました。

「ムンクの叫びストレッチ」の実践

  

 ※注意
 開口によって痛みが出る場合は、痛みが出ない範囲で行って下さい。
 1度に沢山行わないで少しずつ実践していって下さい。1度に行うのは4~5回で十分です。

=========================

佐野カイロは、ソフトな全身調整で、あなたの不快な症状に対応します。

   ご予約・お問い合わせは、
   TEL 0265-35-7411

 長野県下伊那郡高森町山吹4660-2

 月~土 8:00~12:00 14:00~19:00
      ※予約制です。
                                                顎関節の痛み、開口障害でお悩みの方、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEO対策: カイロプラクティック 整体 腰痛 予防 下伊那郡