当院領収書の確定申告利用について

当院の領収書も医療費控除の対象になります。
 当院では、「佐野カイロプラクティックオフィス」という名前で、カイロプラクティックを主体とした施術をしておりますが、施術者である私が、はり師、きゅう師、あんまマッサージ指圧師の免許を所有していて、腰痛や肩こりなどの症状を改善する目的で施術を行っていますので、当院の領収書も確定申告の医療費控除の対象になります。
 「佐野カイロプラクティックオフィス」という名前で領収書は書いていますが、税務署の担当者に、施術者(私)が、はり師、きゅう師、あんまマッサージ指圧師の免許を持っていることをお話しいただければ、問題有りません。

 ※医療費控除の対象についての詳細は、国税庁のホームページのNo.1122 医療費控除の対象となる医療費の項目をご覧下さい。
  当院での施術費は、 4 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師による施術の対価(ただし、疲れを癒したり、体調を整えるといった治療に直接関係のないものは含まれません。)   に該当します。

 1回ごとの施術では領収書を発行していませんが、確定申告のために領収書が必用な方は、お申し出下さい。
 カルテを元に1年分の領収書をお渡しします。

医療費控除とは・・
 自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。
 ※医療費控除についての詳細は、国税庁のホームページのNo.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)の項目をご覧下さい。

確定申告で、医療費控除を申告する場合、生計を一にする同居の親族の中で、所得を得ている人が複数いる場合、最も収入を得て、所得税の税率が高い人から控除してもらうのが効率的な申告法になります。
 
 給付金を除いた医療費の合計が150,000円だった場合、そこから100,000円を差し引いた50,000万円が医療費控除の対象になりますが、
 所得税率が10パーセントの人だと、5,000円の還付金
 所得税率が20パーセントの人だと、10,000円の還付金
 ということになります。
                                        腰痛でお悩みの方、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ
SEO対策: カイロプラクティック 整体 腰痛 予防 下伊那郡