骨折後の手関節拘縮

7月中旬、前腕遠位端を骨折し、その後3週間ほどでギプスはとれたそうですが、手首の拘縮がなかなか改善しないと言うことで来院されました。

本日施術後の状態と、施術後の状態を動画で撮影してみました。

骨折そのものは、きれいにくっついている感じでしたが、手首の部分にある手根骨という小さな骨の間の関節や、その手根骨と中手骨の間の関節がとても硬くなっていたので、その部分の動きを改善し、前腕部の筋肉の緊張も改善する施術をしました。

施術前と比べると大分動かしやすくなっているのではと思います。

骨折そのものは、きれいに治っている感じですので、これ以降も順調に改善してくれることを期待しています。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEO対策: カイロプラクティック 整体 腰痛 予防 下伊那郡