NHKスペシャル「ミラクルボディー」で、ウサイン・ボルト

今日放送された、NHKスペシャル「ミラクルボディー」では、「人類最速の秘密」と言うテーマで、ウサイン・ボルト選手の走りを分析していました。

他の選手と比べ、大きな肩の動きと骨盤の動き・・、その動きは、ボルト選手の側湾症が原因。

特殊な骨盤の動きによる、ハムストリングスの肉離れのリスク。

肉体改造で、肉離れのリスクに対応したこと。

肉離れのリスクを与えていた側湾症による骨盤の動きが、ボルト選手の蹴る力を強めている面もあると言うこと。

現在は、スタートの改良を行うことで、世界記録の更新に挑んでいると言うこと。

しかし、スタートの練習は、ハムストリングスに大きな負担をかけるということ。

などが主な内容でした。

左右の方の上下動については、あまり解説していませんでしたが、

単に側湾症だから肩の上下動が大きくなるわけではなく、下肢のバネを生かすことに重要な働きがあるのでは?と、プライマリーモーション的に考えて見ていました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEO対策: カイロプラクティック 整体 腰痛 予防 下伊那郡