近所の中学生にテニス指導

 夕方、近所の中学生が、施術院の前で軟式テニスのサーブの練習をしていました。

 私も、地元、高森中学校出身、そして、軟式テニス部に所属していたので、立場としてはその子の先輩になります。

 そこで、ついつい、熱血指導をしてしまいました。

 内容は、プライマリーモーション理論に基づいて、

 ・肩を回してラケットを振るのではなく、身体のバネを使うと、力強くて速いスイングが出来る
 
 ということを中心に指導しました。

 「身体のバネを使う」

 何となく分かったような気になってしまう表現です。
 
 でも、この意味を本当に理解出来る人は少ないのでは無いでしょうか?
 実際、「身体のバネを使う」「身体をバネのように使う」ということが出来ている人は、意外と少ないものです。
 
 当然、その子には、身体をバネのように動かすには、どうすれば良いかを説明しながら指導しました。

 今年入学して、テニス部に入ったばかりなので、まだ、理想的なスイングには遠い感じですが、最初と比べると、随分と力強いスイングが出来るようになりました。

 当院では、プライマリーモーション理論に基づく運動指導、勉強会も受け付けています。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEO対策: カイロプラクティック 整体 腰痛 予防 下伊那郡