腰のヘルニアは治るんでしょうか?

 「ヘルニア」という言葉は、飛び出している状態を示した言葉で、「腰部椎間板ヘルニア」というのは、「腰の椎間板が飛び出している」ことによって生じている、腰痛や下肢の傷みやしびれの症状につけられる病名です。

 「ヘルニアが治る」という言葉の意味を「飛び出している物が、引っ込んで元に戻った状態」と解釈すると、カイロプラクティックやその他の保存療法(整形外科での投薬や注射なども含む)では、「治らない」というのが正直な答えだと思います。

 近年、飛び出した椎間板も、何年という長期的な視点では、徐々に吸収されていくという報告もあります。
 カイロプラクティックなどによって、その吸収が早まるというような報告が出てくれば、「ヘルニアが治る」と言えるかもしれませんが、常識的に考えれば、飛び出した椎間板が長い時間をかけて吸収されるのは、体の代謝によるものと考えられます。

 「ヘルニアが治る」という言葉を「腰と下肢の症状がとれる」と解釈した場合、だいぶニュアンスが変わってきます。
 実際、「腰部椎間板ヘルニア」という病名をつけられた多くの人が、保存療法で症状の改善を見ています。
 ただし、症状がとれた後のレントゲンやMRIの所見が大きく変わっているわけではありません。
 
 このようなことが起こるのにはいくつか原因が考えられます。

 先ず1つは、レントゲンやMRIで以上所見が見つかった場所と、症状にはもともと関連がなかったという場合があります。
 「腰部椎間板ヘルニア」という病名は、医師によってつけられるわけですが、下肢に傷みやしびれなどの症状があり、腰のレントゲンで骨と骨の間隔が狭くなっていたりすると、この病名がつけられることが多いとようです。
 腰椎や骨盤、股関節周辺の炎症や、腰周辺や下肢にかけての筋肉の凝りやつっぱりなどによっても下肢の痛みやしびれの症状が出ることがありますが、レントゲンで「骨と骨の間隔が狭い」というような異常所見が見つかることによって、それらの可能性は無視され、「腰部椎間板ヘルニア」という病名がつけられるわけです。
 その場合、関節の炎症や筋肉のつっぱりなどの状態が改善されれば、腰の所見に変化がなくても症状が改善することになります。

 もう1つは、確かに椎間板ヘルニアが原因の場合でも、神経の圧迫が、椎間板のみでなく、その周辺の循環障害が大きな原因となって生じている場合が有ります。
 循環障害によって浮腫んだような状態になり、神経が圧迫されている場合、保存療法によって循環が改善され、浮腫んだ状態が改善されることによって症状が改善されていきます。

 保存療法によって、「椎間板ヘルニア」の症状が改善される理由は、大体このように説明できると思います。

 「椎間板ヘルニア」と一言で言っても、椎間板の飛び出し方、神経の圧迫のされ方、症状の度合いは様々です。
 「膀胱直腸障害」と言って、尿や大便のコントロールが出来ないような状態では緊急な手術が必要になったりしますので要注意です。
 下肢の麻痺が強い場合も、きちんと整形外科で見てもらった方が良いと思います。

 佐野カイロプラクティックオフィスで出来ることは、筋肉や関節が原因で生じている腰や下肢の症状を改善すること。
 はり治療なども合わせて、椎間板そのものではなく、その周辺の循環を改善することによって神経の圧迫を緩和し、症状を改善することと考えています。

 現在、様々な、整体療法が存在しますが、椎間板は線維軟骨という軟骨で出来ていて、繊維の走行の関係で、ひねる動きには弱い物ですので、「椎間板ヘルニア」という病名が付いていたら、強くひねる矯正は避ける必要があります。
 また、上記のように、体の外からの矯正では、飛び出た椎間板が引っ込んだりはしないですから、矯正によって「椎間板が入った」なんて言っているところは??と思います。
                                        腰痛でお悩みの方、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEO対策: カイロプラクティック 整体 腰痛 予防 下伊那郡