温感湿布と冷感湿布どちらを貼ったらいいの?

 当院では、患者さんに、湿布をお渡しすることはありませんが、患者さんとの会話の中で「温かい湿布と冷たい湿布、どちらを貼った方が良いでしょう?」という質問を受けることがありますので、湿布についてお話しします。

 湿布には、貼ったときヒヤッと冷たく感じる冷感湿布とポカポカ温かく感じる温感湿布の2種類があります。 
 
 急性期は冷やし、慢性期は温める、という原則についてご存じの方が多く、「急性期は冷感湿布、慢性期は温感湿布で・・」と考えている方が多いようです。

 ところがこれ、ちょっと違うのです。

 湿布には冷感湿布と温感湿布の2種類があると書きましたが、冷感湿布にはハッカの薬が付いているため冷たく感じ、温感湿布には唐辛子の薬が付いているため温かく感じます。
 ところが、「冷たく感じる」「温かく感じる」と言うことと、実際に「冷える」「温まる」と言うこととは別なのです。
 湿布の会社で有名な久光製薬さんが大学に依頼して行った研究によると、冷感湿布も温感湿布も皮膚の温度にはほとんど変化を及ぼさないことが分かっています。
 そして、冷感湿布を貼った場合も、温感湿布を貼った場合も、湿布に含まれている水分が蒸発する際に気化熱を奪うため、わずかに皮膚温を低下させることが報告されています。

 つまり、ハッカの成分や唐辛子の成分は皮膚温の変化には影響していないわけです。
 冷たく感じさせたり、温かく感じさせる成分ということですね・・。

 では、湿布の目的は何か・・ということですが

 第1の目的として<
 「消炎鎮痛剤を皮膚から浸透させる」ということが上げられます。
 湿布の中には「インドメタシン」などの消炎鎮痛剤が塗り込められていて、それを皮膚から浸透させ、患部の痛みを和らげるわけです。
 消炎鎮痛剤については、どの湿布にも含まれているわけではありませんから、薬局で湿布を購入したりする場合には注意が必要です。

 第2の目的ですが、
 「痛みを感じている場所に、別の感じを感じさせ、痛みを和らげる」という効果があります。
 先程、「ハッカの成分や唐辛子の成分は皮膚温の変化には影響していない」と書きましたが、冷たく感じさせたり、温かく感じさせたり、という働きがあるわけです。
 痛いところに、冷たい感じを感じたり、温かい感じを感じたりすることによって、もともとの「痛い」という感じが紛らわされるわけです。
 また、「冷たい感じ」「温かい感じ」以外にも、湿布を貼ることによって、皮膚に対する圧刺激、皮膚を引っ張るような刺激が加わり、その触覚の変化によっても鎮痛効果が生じます。

 第3の目的として、
 皮膚に対する圧刺激、皮膚を引っ張るような刺激が加わることで、皮下の血液やリンパの環流を促進する効果も期待できます。
 
 以上を踏まえて、最初の「温かい湿布と冷たい湿布、どちらを貼った方が良いでしょう?」ということについて考えたいと思います。

 冷感湿布、温感湿布、どちらも、実際に温度を変える物ではないですから、どちらを急性期に使用しても慢性期に使用しても良いことになります。
 湿布の目的で考えると、湿布選びで、どのような消炎鎮痛剤が含まれているのか、ということも重要ですね。
 そして、意外と重要なのが、第2の目的で書いた「冷たい感じ」「温かい感じ」によって痛みを紛らわす効果です。
 人によってはこの効果が消炎鎮痛剤の効果を上回ってしまう場合もあります。
 ただ、どの程度その効果があるかは、貼ってみないと分からないと言うのが正直なところです。

 結論として、
 急性期、慢性期に関係なく、先ずは、消炎鎮痛剤が含まれているかどうかを基準に、湿布を選んでみる・・。
 効果を感じられなければ、いろんな湿布を試してみて、自分が最も楽に感じる物を使う。
 というのが合理的な考えだと思います。

 急性期は冷やし、慢性期は温めるという原則そのものは正しいですので、急性期にはアイスノンや氷嚢など実際に温度の低い物で冷やし、慢性期にはホッカイロなど実際に温かい物で温めることが大切になります。

 ※記事中の大学での研究結果の部分ですが、こちらは、私がわたなべ整形外科勤務時代に、久光製薬さんから研究データを見せてもらった内容をもとに書いています。
                                        肩こり、腰痛、膝痛なら、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEO対策: カイロプラクティック 整体 腰痛 予防 下伊那郡