手探りな感じで・・

本日、最後の患者さんは、首から肩、上腕の痛みと、前腕のシビレを訴えて来院しました。

首を左に向ける動作で痛みやシビレの憎悪があり、シビレの範囲からC6の神経(首の5番目と6番目の間から出てくる神経)の支配領域と一致していたたため、痛みやシビレの直接的な原因は、頸椎5番と6番周辺かな?と推測を立てて施術に入りました。

ところが、
仰向けになっていると腕の痛みが強くなったりシビレが出てしまう。
座った状態で頸椎や胸椎を触ると、少し触れただけで痛みが出てしまう。

という感じで、通常の当院のアプローチでは痛みが出てしまうため、痛みが出ないように筋肉に対する施術を中心に行い、その他、肩関節など頸椎からは少し離れた部位の歪みを調整しました。

何か施術をするたびに症状の変化を確認しながら、手探りな感じでの施術をしていき、症状はまだ残ってはいたものの、首周辺の筋肉の緊張がある程度緩和し、肩周辺の歪みを改善したところで今日の補術を終わりにしました。

「施術前と比べると楽になった」と言うレベルで、完全に症状が取れたわけではないですが、筋肉の緊張が緩和したり、肩周辺の歪みが改善したことで、体か良い方向に反応してくれれば良いなと考えています。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEO対策: カイロプラクティック 整体 腰痛 予防 下伊那郡