頭蓋仙骨療法で頭痛が軽減

本日、午後4時からの患者さんは、頭痛を主訴として、頭蓋仙骨療法を希望して来院されました。

平成元年、仕事中に、右腕を大怪我する事故に遭われ、その後、首の痛みや、頭痛、めまいなどの症状がひどくなり、様々な治療を行ったがあまり改善せず、最終的には、脳脊髄液減少症と診断され、ブラッドパッチという治療を4回受けたそうです。

4回のブラッドパッチで、脳脊髄液の漏れは止まっていると説明されていて、症状も徐々に改善してきているそうですが、低気圧が近づいてきて天気が悪くなるようなときには、頭痛とめまいが起きると言うことで、今日も頭痛がしていると言うことでした。

脳脊髄液減少症の患者さんが運営しているホームページで、「頭蓋仙骨療法が良いらしい」ということを見て、この地区で頭蓋仙骨療法をやっている施術院を探して、当院を見つけたそうです。

主訴は頭痛でしたが、その他にも様々な症状を訴えていましたので、それも踏まえた全身調整と頭蓋仙骨療法を行いました。

この患者さんは、特に、後頭部と首の境目の筋肉が異常に緊張していましたが、施術が終わる頃には、ほとんど緊張がとれて、「頭痛も感じなくなった」ということでした。

※頭蓋仙骨療法とは、
頭の骨や骨盤の仙骨の動きを改善することにより、脳脊髄液の分泌吸収、循環を改善し、神経の機能を回復させることを目的とした療法です。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEO対策: カイロプラクティック 整体 腰痛 予防 下伊那郡