施術前の状態確認で・・

症状と、その原因を把握するために、どこが痛いのか、どのように動いたときに痛むのか、という情報は、とても重要なものです。

腰痛で来院して頂いた患者さんには、腰や下肢のどこが痛いのか、日常動作のどんなときに痛いのかを確認して、施術に入る前に、どの程度体を動かせるのかを確認します。

さて、今日、腰痛で、来院された患者さん、

痛みの場所などを問診した後、「こんな感じで体を曲げることは出来ますか?痛かったら無理しなくていいですよ。」と、体を前屈して見せ、本人にその動きを促したのですが・・、
20°くらい前屈したところで、激痛が出て動けない状態になってしまいました。

何とかベッドに横になってもらい、施術をして、帰るときには歩ける状態までには改善しましたが、なかなか大変でした。

施術前の状態確認は、施術後、効果を確認して頂くためにも必要なわけですが、無理をさせないように、工夫が必要だと感じました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

SEO対策: カイロプラクティック 整体 腰痛 予防 下伊那郡