マラソンでも、「バネを使った走り」

今日の東京マラソン、藤原 新 選手が、2時間7分台の好成績で準優勝しました。

夜、NHKのサンデースポーツにゲストとして出演して、インタビューを受けていましたが、今日の映像を見ながら、自分の走りについて「今まで、『マラソンではバネを使わないように走る』と言われていたけれども、バネを意識して走っている」と話していました。

バネを意識した走り・・・。

バネを意識した運動理論と言えば、当院でも指導しているプライマリーモーションです。

「バネのような動き」、この言葉は、聞けばすぐ分かったような気になる表現ですが、結構勘違いしやすい表現でもあると思います。

バネって、伸びたり縮んだりしますけど、伸びたり縮んだり動かそうとして体を動かしてしまうと、「バネのような動き」からは遠ざかってしまいます。
だって、バネ自体は伸びたり縮んだりしようとはしていないのですから・・・。

プライマリーモーションで言う「バネのような動き」を考える時、縄跳びをイメージするのが結構分かりやすいと思います。

縄跳びを普通に3分間とか飛べるようになった人は、大概、バネのような体の使い方で縄跳びを跳んでいます。
その時、一回一回、縄を飛び越えるために、膝や足首を曲げて、伸ばすと言うような意識はしていないはずです。
ただ、つま先を立てて跳び始めると、再び体が地面に戻った時に、体がバネのようになっていて、自然とピョンピョン跳ね続けている状態だと思います。

これが、プライマリーモーションの理論でいう「バネのような動き」です。

藤原 新 選手が言っていた「バネを意識して走る」と言う事も、「見た目にバネのような動きに見えたり、感覚的に縄跳びを跳んでいる時のようにピョンピョンと感じる走り」と言う事で、「一歩一歩強く蹴って走る」という意味合いではないのでは・・・と思います。

藤原 新 選手の言葉の本当のところは、本人に直接確認しないと定かではありませんが、プライマリーモーションの理論で言う「バネのように」という言葉の意味について説明してみました。

「ここでやってもらうと、何倍も疲れがとれる・・」

 午後から来院した患者さんが、施術中に、
 「ここでやってもらうと、自分でストレッチするのと比べて、何倍も疲れがとれるのはどうしてでしょうね?」
 と質問を頂きました。

 どんな施術にしても、心地よいBGMを聞きながら、施術を受けるのは気持ちの良いものです。
 
 当院の場合、

・ソフトな施術が中心ですので、強い刺激に対する緊張反応が起きる事がなく、リラックスしやすい。
・身体の歪みをとる事で筋肉のバランスがとりやすくなり、疲労が回復しやすい。

 などが考えられるかと思います。

 施術に対する感じ方、体の反応は、人それぞれの部分もあるため、皆さんがそう感じるわけではないと思いますが、いわゆる痛みを中心とした症状ばかりでなく、疲れの解消のために当院をご利用頂くのも良いと思います。

[患者さんの声119] 説明も親切、ていねいで・・。

下伊那郡阿智村 A.K.さん(30代 男性 顎関節の不調、左首~肩~上肢の痛み、めまい)
 
 佐野カイロに寄せられた喜びの声 A.K.さん 30代 男性

 ホームページを見て、佐野先生に施術をして頂きたいと思いました。
 親身になって施術して下さり、説明も親切、ていねいで、非常に感謝しております。

【院長コメント】
 A.K.さん、患者さんの声をお寄せいただき、有り難うございます。

 A.K.さんの症状は、
・1ヶ月ほど前に想いものを持って歯を食いしばってから、顎関節が右にずれた感じで、開口時シャリシャリ音がする。
・首を反らした時と左に回旋させた時、左肩から前腕部にかけて痛みが出る。
・目薬などで首を反らした時にふらつく感じがする。

 と言うものでした。

 上半身を中心とした全身調整を行い、顎関節やめまいの症状が有るため、頭や首周辺を調整を時間をかけて行っています。
 
 顎関節周辺の違和感と、ふらつき感については、2回目以降も症状が残っているため、その症状について、より詳しく聞きながら施術しています。
 特にめまいについては、単に頭位の変化によるものなのか、首の関節の動きに係わってのものなのかを見極めるため、いろいろと詳しく質問しながら、また、施術しての変化を確認しながらの施術になっています。
 今日で7回目(初回から約1ヶ月)の施術だったわけですが、「仰向けになる際に、上部頚椎がグラグラする感じがする」というA.K.さんの言葉から、首を動かした際、上部頚椎が動きすぎないように調整したところ、その後は、グラグラ感が出なくなったと言う事でした。
 自分でも、首を安定させる調整を時々してもらうように指導して、今日の施術を終えました。

 これで、ふらつき感が出ない状態が安定してくれる事を期待しています。

 今回のように、症状についてのちょっとした表現が、施術のヒントになる事があります。
 患者さんが、気楽に話せる雰囲気作りも大切だなと感じさせられています。
                                                首や肩の症状でお悩みなら、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

[患者さんの声309] 二回目に行く頃には、ほとんど治っている状態でした。

下伊那郡喬木村 S.S.さん(20代 男性 左足外くるぶし下の痛み、肩こり)
 
 佐野カイロに寄せられた喜びの声 S.S.さん 20代 男性

 突然、足が痛くなり、整形外科に行ってみたところ、レントゲンでは異常はみられず、原因も対処法も分からぬままでした。
 日時が経っても痛みがなくならなかったため、インターネットで症状を調べてみると、カイロプラクティックは効果があったという同じ症状の人の声を目にし、自宅から近い場所にあったため、佐野さんに行ってみました。
 一回の施術で痛みは少なくなり、二回目に行く頃には、ほとんど治っている状態でした。
 痛みのポイントだけでなく、体全体のバランスをみてもらえ、本当に行って良かったと思いました。


【院長コメント】
 S.S.さん、患者さんの声をお寄せいただき、有り難うございます。
 
 S.S.さんの症例については、初回の施術後、「外くるぶし下部の痛み」というタイトルで、ブログに掲載させていただいておりました。

 左右の足を比べながら、外くるぶしの位置やその周辺の関節の調整、皮膚など軟部組織の調整をしていきました。
 最初、外くるぶしのすぐ下の部分だった圧痛が、施術するごとに場所が変化したりして、その変化を見て、また別の施術をするという感じで、圧痛の場所と圧痛の度合いを確認しながらの施術だったので、本人にも症状の変化が分かりやすい症例だったように思います。

 2回目の施術にいらしていただいた時には、くるぶし周辺の関節の状態も改善した状態が維持されていて、本人の感覚でも、ほとんど治っている状態と言う事で、今回の症状についてはこの2回で区切りと言う事になりました。

 また、どこか体の変調を感じた際には、気軽にご来院いただければと思います。

=========================

佐野カイロは、ソフトな全身調整で、あなたの不快な症状に対応します。

   ご予約・お問い合わせは、
   TEL 0265-35-7411

 長野県下伊那郡高森町山吹4660-2

 月~土 8:00~12:00 14:00~19:00
      ※予約制です。
                                                手首、足首の痛みでお悩みなら、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

JSC東海支部セミナー

JSC東海支部による支部セミナーが開催され、出席してきました。

講師は、伊那市の伊澤勝典先生で、「特異的観点から診た治療」で行われました。

伊澤先生のこれまでの経験から、施術に対する考え方がどのように変わってきたかという話の後、主に、皮膚に対するアプローチについて講義していただきました。

皮膚表面にほんの僅かに触れるだけで、体の情報を感じ取り、また、体にいろいろな変化を起こす事が出来ると言う事で、実技を交えながらの講義だったわけですが、これがなかなか繊細なもので、実際、自分の施術に取り入れるには、時間がかかりそうな印象です。

そうはいっても、毎日、患者さんの体に触れながら施術をしていますので、そのような微細な部分にも意識を持っていきながら、感覚を鍛えていきたいと思います。

施術して確かめていく

当院では、施術前、施術中と、患者さんの症状について、あれこれと詳しく質問していきます。

痛みの症状であれば、
何処が、どのように痛いのか。
どのような時(身体を動かした時に痛いのか、安静にしていて痛むのか。朝痛むのか、夕方痛むのか・・など)に痛むのか。
押して痛むか。

等々・・、

こうして詳しい情報を得る事で、痛みの原因を考えやすくなっていきます。

そして、○○が原因ではないか・・、と考えて施術して行く事になります。

ただ、実際、○○が原因かどうかは、施術してみないと確定は出来ません。

「○○が原因だ」と考えて、○○に対しての施術をして、症状が変化すれば、「○○は症状と関連があった」と言う事が裏付けられていきます。

○○に対しての施術をして、何も改善しなければ、原因は○○ではないのかな?と考えて別の方向性で考えて、△△についての施術をする・・という感じです。


電話などで、「○○のような症状ですが・・?」というような問い合わせを受ける場合も有ったりします。詳しく症状を伺って、私の経験から、「・・・だと思います」というような感じでお答えはしていますが、結局のところ、施術してみないと分からない部分も多いのが現状です。

外くるぶし下部の痛み

夕方来院した初診の患者さん、左足の外くるぶし下の痛みを訴えての来院でした。

1週間前の朝、痛くなり始めて、歩行時など足に力がかかると痛みが出て、圧痛もあります。

整形外科にも受診し、レントゲンでは異常がなく、湿布などでは改善がなかったため、当院を受診したそうです。

左右を比べてみると、左の方が、外くるぶしの下を通っている腓骨筋の腱に緊張がみられ、外くるぶしの斜め前にある立方骨と中足骨底との関節が硬くなっており、外くるぶし自身も、左に比べ下方に来ている感じでした。

骨の位置や関節の動きを調節して、腓骨筋の緊張を緩めた後、圧痛のあった部分には指撫法をしたところ、圧痛もなくなり、歩行でも痛みが改善しました。

5日後にもう一度来院頂き、状態を確認して、良ければOKと言う予定です。

自然形体療法通信講義 2月4日・5日(フォローアップ)

2月4日(土)、5日(日)と、自然形体療法の通信講義をフォローアップで受講してきました。
※フォローアップは、通信講義のコース修了者が、復習の目的で講義に出席できるシステムです。

今回は、「足首捻転」という、自然形体療法の手法の中でも、最も基本となる手法の講義でした。
「足首捻転」、つまり足首をぐるぐる回す手法で、端から見たら「こんなことで?」と思うような者だったりするのですが、これが様々な症状の改善に効果を発揮します。

ただ・・・、
単純にぐるぐる足首を回せば良いというものではなく、施術する側が気をつけなければならない様々なポイントがあります。

今回は、自然形体療法の創始者、山田先生が、間違いやすいポイントを丁寧に指導して一人一人、確実に出来ているのか確認してくれました。
私自身、今まで、そのやり方について少し誤解していたところも修正でき、早速、フォローアップの成果が出た感じです。

寒さで待合室のシクラメンが・・・

今朝の寒さ、格別でしたね・・。

待合室の窓辺に置いていたシクラメンも、グッタリとしてしまいました。

CIMG9652t.jpg

仕方がないので、グッタリした花は容赦なく全部根元から摘み取ってこんな感じに・・。

CIMG9656t.jpg

元気になって、新しい花芽を沢山出してくれる事を願っています。

身体の施術も、これぐらい簡単だと良いのですけどね。
SEO対策: カイロプラクティック 整体 腰痛 予防 下伊那郡