顎が痛くて口が開かない

今日、最後の患者さんは、定期的に来院されている方ですが、数日前から右の顎関節周辺が痛くなり、口が開けにくくなり、食事もあまり食べられなくなったと訴えていました。

施術前に、口を開けるようお願いすると、痛みで指1本入るかどうかという程度の開口しか出来ませんでした。

顎関節の周りや首の周辺は、かなり緊張が強かったため、全身の調整の他、頚周辺の緊張を緩める施術と頭蓋骨や顎関節を調整する事で、帰る時には、痛み無く開口できるようになっていました。

そういえば、今週月曜日には、開口時に顎関節のところで「ガキッ」と音がするという患者さんが来院し、その方も、何とか開口しても音が出ないようになって帰って頂いたのですが、その方は、明日、2度目の施術に来院する事になっています。
開口時の音が、治ったままの状態でいてくれると良いのですが・・・。
                                        顎の痛みでお悩みの方、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

保育園の運動会でてんとう虫に・・。

9月25日(土)、娘の通っている山吹保育園で運動会がありました。

運動会のテーマは、「虫たちのうんどうかい」

保護者会長は、毎年、テーマに合わせた仮装をするのが恒例になっていて、今年、保護者会長を務めている私は、副会長さんと共に、てんとう虫の仮装をしました。



CIMG5966t.jpg

子供達も、喜んでくれて、楽しい運動会になりました。

運動会での娘の活躍の様子は、2010年 虫たちのうんどうかいをご覧下さい。

                                        筋肉痛による腰や肩の痛みなら、下伊那郡高森町の佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

プライマリーモーションによる運動指導

 今日の午後来院された患者さん、ネットでホームページを見ての来院でしたが、投球時の肩の痛みを主訴としていました。

 投球フォームを見せてもらったところ、肩の関節に無理のかかるフォームだったため、施術の後、肩関節に負担のかからない投球フォームを指導しました。
 早起き野球は、すでにオフシーズンという事で、来年度のシーズンに向けて、指導したフォームにならして頂くようにお願いしました。
 昨シーズンから肩関節が痛み出したため、今シーズンはピッチャーではなく、ショートの守備をしていたそうです。
 来シーズンは、ピッチャーとして復活できる事を祈っています。

 この方は、小、中、高と部活動で野球をされてこられたわけですが、私自身は、中学、高校と軟式テニスをやっていて、野球の経験自体は小学校時代の草野球程度のものです。
 それでも、当院で行っている、プライマリーモーションに基づく指導は、長年野球をやってこられた方にも、新鮮で、目からウロコの部分が多いようです。
                                        スポーツによる体の痛み、プライマリーモーションによるスポーツ指導なら、下伊那郡高森町の佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ
SEO対策: カイロプラクティック 整体 腰痛 予防 下伊那郡