陸上部の短距離選手

 夕方、中学校の陸上部、短距離選手を施術しました。

 昨年秋に、走った後の膝周辺や大腿部の痛みと、腰痛を訴えて来院しましたが、2回の施術でその後は調子が良かったと言うことです。

 今回は、2週間前に右大腿後面が肉離れのような状態になり、現在、痛みは楽になったが、しばらくかばっていたので、体のバランスが悪くなっている感じがすると言うことでの来院でした。

 右の大体後面の筋肉の状態をみてから、体全体を見ていきました。
 特に目立ったところとしては、右足をかばっていたせいか、左の腓腹筋の疲労がかなり強くなっていました。
 
 施術以外でも、陸上の練習などについて話しをしました。
 
 今年中3ということで、是非、北信越大会出場を・・ということで、練習に励んでいるそうですが、今年に入って、記録が伸び悩んでいると言うことでした。
 理想とされる走り方に近づけるように、フォームを変えて、先生にも「フォームがきれいになってきた」と言われるものの、自分では、何となく違和感を感じていること。
 違和感を感じていても、フォームが良くなったことで記録が伸びれば良いが、実際の記録が伸び悩んでいることに、少し悩んでいるようでした。

 私自身は、陸上の専門家ではないですから、「走る時のフォームについて専門的なことは、分からないけど・・」
 と前置きをした上で、プライマリーモーション理論での体の使い方について、幾つか説明をしてあげました。
 プライマリーモーションでは、体をバネのように使う方法を分かりやすく理解することが出来ます。
 彼女も、参考になったことが有ったみたいで、ニコニコして帰っていきました。
 大きな大会を2週間後に控えているということで、急にフォームを変えるのもどうかと思いますが、プライマリーモーションの筋肉の使い方を少し取り入れるだけでも、記録アップにつながってくれれば・・と考えています。

 大会後、良いニュースを期待しています。
                                        スポーツによる体の痛み、プライマリーモーションによるスポーツ指導なら、下伊那郡高森町の佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

父の日に・・

父の日に、子供が、シロツメクサで首飾りを作ってくれました。

CIMG5477t.jpg
首飾りにはちょっと長すぎ・・

お父さんとして、これからも頑張っていきたいと思います。
                                        カイロプラクティックを受けるなら、日本カイロプラクティック師協会指定院、下伊那郡高森町の佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

耳鳴りの患者さんが来院

午後、「ネットで当院のことを知った」という患者さんが来院されました。

耳鳴りを訴えての来院で、多分、
[患者さんの声114] 耳鳴り、頭痛が良くなりました。
この記事が検索で引っかかったのだと思われます。

午前中に、「耳鳴りがするのですが、このような症状でも大丈夫でしょうか?」という電話での問い合わせを受け、
「耳鳴りには、いろいろな原因が考えられますので、必ず治るわけではないですが、首や頭の歪みを改善したり、耳周辺の筋肉の緊張を緩和することで、症状が改善されるケースも多いですから、試してみる価値は有ると思いますよ。」という趣旨の返事をしたところ、予約を入れて頂き、午後、来院されました。

この患者さんは、2年前から耳鳴りの症状が出始め、総合病院に通われたそうですが、「耳の機能には異常は無い」と言われたそうです。
投薬治療や点滴による治療なども受けたそうですが、余り改善しなかったため、現在は通院していないそうです。

施術自体は、電話で説明したように、歪みの改善や、筋肉の緊張の緩和を中心としたものでしたが、施術後確認したところ、「今、耳鳴りは感じません」という返事を頂きました。

数日後に、確認のため予約を入れて頂きましたが、このまま、耳鳴りが出ないことを期待しているところです。

この患者さんのように、1回の施術で、はっきりとした変化を実感して頂けると、こちらも気持ちが良いものです。

今日、来院した患者さんの中には、腰痛の患者さんで、症状がスッキリ取り切れない方もいて、全ての患者さんが、スッキリ改善させられる訳では無いですが、打率が上がるように、日々努力していきたいと思います。

                                        耳鳴りでお悩みの方、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

五十肩について、より詳しく

 6月5日(土)、6日(日)と、自然形体療法の通信講義を受けてきました。

 今回は、五十肩について、実技を交えて詳しく講義をして頂きました。
 
 当院の患者さんでも、五十肩を訴えて来院される方が意外と多いですが、簡単に改善させる方がいる一方で、改善に時間がかかる方もいらっしゃいました。

 今回教わった自然形体療法の手法を使うことで、五十肩を主訴とする多くの方に対して、有効な施術が出来るのではないかと期待しているところです。
                                        五十肩なら、自然形体療法が受けられる、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

旅行で杖無しで歩く事ができました

 「旅行で杖無しで歩く事ができました」
 2週間ほど前から、両膝の痛みと肩の痛みを訴えて通われている患者さん(82歳、女性)が、今日、4回目の施術に来院した際、そう言って喜んでくれました。

 膝の方は、以前から痛みはあったようで、2年ほど前から正座はできないということでした。
 左膝をひねって痛みが強くなり、10日後の旅行までに何とかしたいと言うことで、来院されました。

 初めは、「こんな治療で大丈夫だろうか?」と思ったそうですが、症状の改善を実感したみたいで、2回目、3回目と来院して頂きました。

 まだ、正座はできませんが、膝の屈曲も、だいぶ曲がるようになってきて、歩行もスムーズになってきています。

 初診の際「正座が出来るようになるかしら?」と質問をされ、「変形とか、個人差がありますので、元のように正座が出来るようになるとは約束できないですが、今よりは曲がるようになるとおもいますよ」という説明をしましたが、この調子なら、正座も夢ではなさそうな感じです。
 
 年齢のこともあり、本当に正座が出来るようになるかは微妙ですが、体は死ぬまで新陳代謝をしていて治ろうとしている訳ですから、その働きを信じて頑張りたいと思います。
                                        膝の痛みでお悩みの方、カイロプラクティックと自然形体療法の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ
SEO対策: カイロプラクティック 整体 腰痛 予防 下伊那郡