「旅行で随分歩いたけど大丈夫でした。」

「旅行で随分歩いたけど大丈夫でした。」
今日、来院された患者さんが仰った言葉です。
この方は、変形性股関節症で整形外科に通いながら、症状の緩和のために当院に2年ほど前から来院していて、最近は、2~3週間に1度のペースで定期的に来院されています。

当院の施術を受けると楽になると言うことで、通っているわけですが、全体的な経過としては、歩行寺の痛みや、股関節の可動範囲など、昨年の末頃までは徐々に悪化している感じでした。

ところが、今年に入って「なんだか調子が良いんです」という言葉が聞かれるようになってきていました。
前回、来られた時、「明日から旅行に行くのですが、痛くならなければ良いのですが・・」と仰っていて、今日は、「旅行で随分歩いたけど大丈夫でした。」と、その旅の様子を笑顔で語ってくれしました。

今年に入って、自然形体療法の手法を取り入れているので、それが良かったのか、気候が暖かくなってきているのが作用しているのか、本当のところは解りませんが、当院に来院されている患者さんの症状が楽になって、笑顔を見せていただくことは、非常に嬉しいことです。

これからも、多くの方の笑顔が見られるように頑張っていきたいと思います。
                                        股関節の痛みなら、自然形体療法を受けられる、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

[患者さんの声112] 痛みがピタリと無くなりました。

下伊那郡下條村 D.K.さん(30代 男性 左肩甲骨内側の痛み)
 
 佐野カイロに寄せられた患者さんの声 D.K.さん 30代 男性

 叔母の紹介で、昨日、お世話になりました者です。
 お陰様でたった1回の施術ですが、痛みがピタリと無くなりました。
 また、時間外にもかかわらず、快く診て下さった佐野先生には、心より感謝しています。
 「バキボキ鳴らす治療」ではなく、「優しく癒す」と言った感の治療は、施術の直後から効果があり、翌日には布団からもラクにでることが出来ました!
 ありがとうございました。

 【院長コメント】
 D.K.さん、喜びの声をお寄せいただき、有り難うございます。
 今回、北尾さんは、痛みの出る前日から重たい物を持ち上げる仕事をしていて、その負担による疲労で筋肉痛のような状態になっているところに、更に負担が加わったことで、筋肉の繊維を傷めて来院されました。
 施術前には、痛みが出ている左側肩甲骨の内側は、右側と比べ、だいぶ腫れ上がっているような感じでした。
 通常であれば、このような状況では、患部は冷やして安静にするところだと思います。
 以前なら、当院でも、患部を冷やし、患部にはあまり触れることなく、体全体のバランスを整えたりという施術をしていたと思います。
 今年から研修を受け始めた自然形体療法では、このような筋肉の問題を改善する手法があるため、今回は、主に自然形体療法の手法を使っての施術をしてみました。
 施術中にも、明らかに患部の腫れが引いていきましたし、施術をする前に痛みが出た動作が、痛み無く出来るようになりました。
 翌日も、もみ返しのような症状の悪化もなかったみたいで、良かったです。
 
 今後とも、技術を高めて、より治せる施術院として成長していきたいと考えています。
 
 尚、今回のD.K.さんの症例では、1回の施術で、症状をかなり改善することが出来ました。
 私としては、どの患者さんの症状も、1回の施術で楽にしてあげたいという気持ちで施術していますが、患者さんの症状によっては、症状の改善に時間のかかる場合もあること、又、場合によっては整形外科など他の医療機関を紹介するようなこともあることについては、ご了承下さい。

=========================

佐野カイロは、ソフトな全身調整で、あなたの不快な症状に対応します。

   ご予約・お問い合わせは、
   TEL 0265-35-7411

 長野県下伊那郡高森町山吹4660-2

 月~土 8:00~12:00 14:00~19:00
      ※予約制です。 
                                        筋肉痛による腰や肩の痛みなら、下伊那郡高森町の佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

今日は研修会で・・

今日は、研修会(自然形体療法の一般講義)のため、佐野カイロは臨時休業させて頂きました。

研修会そのものは、午後3時半から6時半頃までですが、それ以外は1日、自然形体療法の創始者、山田 洋 先生の治療見学というスケジュールです。

研修の際には、いろいろと質問をするのですが、今日は特に、「長時間同じ姿勢をしていて動き出しに痛む」という症状に対して、どのように対処するのかについて、詳しく聞くことが出来ました。

臨時休業で患者さんに迷惑をおかけしている分、しっかりと知識、技術を身につけて、還元していきたいと考えています。

今日の研修会では、最後に、杉並区の無痛整体【自然形体オフィスたむら】の田村佳正先生が、修了証を授与されました。
まだ、開業して1ヵ月ほどと言うことですが、盛業して、多くの患者さんの症状を改善していってもらいたいですね。
                                        長野県で自然形体療法を受けるなら、下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

厄年は役年?

今日は、次女文音が通っている保育園の父兄参観が有り、その後開催された保護者総会で、来年度の保護者会長として承認されました。

今年は、母校、風越高校の同窓会の係も回ってきたりと、いろんな役職が重なって、忙しくなりそうです。

今年は私にとって後厄の年にあたるので、年賀状には、「今年は飛躍(避厄)の年に・・」なんて書かせてもらいました。

どうやら「役年」と言うことになったみたいです。
それでも「飛躍の年」になるように頑張っていきたいとと思います。

今年は、平日にも研修のための休みが入って、ご迷惑をおかけしていますが、保護者会長となったことで、保育園関係での臨時休業も出てくると思われます。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承くださいますようお願いします。
                                        カイロプラクティックを受けるなら、日本カイロプラクティック師協会指定院、下伊那郡高森町の佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

佐野カイロからも「鬼は外、福は内」

子供と節分の豆まきをしました。

佐野カイロプラクティックオフィスの入口からも、「鬼は外~、福は内~」


患者さんに施術する時、気持ちは、いつも「痛みは外~」という感じです。

                                        長野県内でカイロ、整体と言えば、下伊那郡高森町の佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

手ブラストレッチが信濃毎日新聞に掲載されました。

 今日(2010/02/03)の信濃毎日新聞、16面17面の「くらし」のコーナーは、肩こりについて記事になっていますが、その中に、肩こり予防の為の当院オリジナル体操「手ブラストレッチ」が、掲載されています。
 CIMG4455t.jpg

 「手ブラストレッチ」は17面の方に掲載されています。
 CIMG4458at.jpg
 ※画像をクリックすると、更に拡大した記事をご覧いただけます。
 赤線で囲んだ部分が、当院への取材による記事ですね・・。

 今回の記事では、肩こり予防の「手ブラストレッチ」の他に、うなじの部分の緊張を解消するための簡単な体操も紹介しています。
 この体操についても「うなじストレッチ」と言うことで、動画をアップしたいと考えています。

 1月25日の取材の際には、今回掲載された内容の他、強く揉んだりしなくても肩こりを簡単に解消する方法や、首をボキボキ鳴らすことが良くない理由、湿布の使い方について、等々、様々な事について話したり、顔写真も撮影して帰られたので、私としては、もう少しボリュームのある掲載を期待していて、記事を見た時にはちょっとガックリしましたが、そもそも広告費を払って掲載してもらったわけではありませんので、「信濃毎日新聞」という長野県では比較的メジャーな新聞で、「手ブラストレッチ」をイラスト入りで分かりやすく掲載して頂いたことに、感謝したいと思います。
 塩原照子さんおすすめの「タオル体操」も素晴らしいですね・・。

 「手ブラストレッチ」については、動画でご覧いただけますので、それらを見て頂くと、より分かりやすいと思います。
 猫背の改善と予防に「手ブラストレッチ」

                                        ギックリ腰、腰痛、肩こり、五十肩なら、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ
SEO対策: カイロプラクティック 整体 腰痛 予防 下伊那郡