「ゴリラ体操」で検索するとこんなサイトが・・

 現在(08/12/28)、「ゴリラ体操」のキーワードで、グーグル検索すると、次のような検索結果になます。
 
 「ゴリラ体操」でグーグル検索した時のトップページ

 検索結果の1位と2位は、動画を投稿したFC2の動画表示ページ、
 3位には私のプログサイト、私と家族のフォトアルバムの中に掲載した、ゴリラ体操のページがランクインしています。

 ところで、4位に表示されている、「腰痛、ゴリラ体操:腰痛・肩こりの原因と予防」というサイトですが、このリンクをクリックすると、
 google_gorilla081228.png
 このようなサイトが表示されます。

 ご覧になると一目瞭然ですが、ここに記載されている文章は、私のブログ私と家族のフォトアルバムゴリラ体操からコピーしたものをそのまま貼り付けてあるだけです。

 おそらくは、このページの上部に表示してある「ツラい腰痛が、たった2週間で回復」と書いた大きな広告バナーがありますが、この情報商材「腰痛克服法」を販売することを目的に、または、他のページに表示されるグーグルのアフィリエイト広告によって利益を得るために、作成されているものだと思われます。

 私のホームページを何の修正もせず、記載しているのですから、その他のページも、どこかのサイトをコピーしたものなのでしょう・・。

 そう考えると、情報商材「腰痛克服法」も、非常に胡散臭い感じに思えますね。

 私のこのサイトは、私の施術院、佐野カイロプラクティックオフィスについての情報や、健康情報を掲載しています。
 カイロプラクティックや整体についての記載や、腰痛や肩こりについての記載があるわけですが、世の中には無数にホームページがあって、日本各地の施術院のホームページで、施術内容や健康情報の記載がなされています。
 ですから、当然、似た内容になることも多々あると思いますが、出来るだけ私のオリジナルな考えをアピールできるように頑張りたいと思います。
 どこかのサイトや書籍から引用したものについては、きちんと引用先を明らかにしていきます。
                                        ギックリ腰、腰痛、肩こり、五十肩なら、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

「佐野カイロ(サノカイロ)」で検索していただくと・・

 当院のホームページとブログですが、
 ホームページが http://homepage2.nifty.com/s-chiro/
 ブログが http://sanochiro.blog86.fc2.com/
 というURLになっています。

 皆さんは、人に、自分のホームページのURLを説明するとき、どうしていますか?
 「佐野カイロ.jp」というような日本語のドメインを取得してしまうのも分かりやすいのかな?

 と思いつつ・・

 現在、「佐野カイロ」で検索すると、
 グーグルでは、当オフィスのホームページが、
 ヤフーでは、このブログが1位表示されますので、

 当面は、「佐野カイロで検索して、1位表示されたところがうちです。」と説明させて頂くことにしたいと思います。 

 「サノカイロ」だと、今のところダメですね・・
 この記事を書いたことで「サノカイロ」でも検索されるようになってくれることを期待しながら、記事を公開します。
                                        肩こりでお悩みの方、長野県下伊那郡の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

在宅での訪問療養マッサージ

訪問療養マッサージ(在宅マッサージ)とは
 当院では、健康保険適用による訪問療養マッサージ(在宅マッサージ)を行っています。

 自宅療養が必要な方や介護が必要な方などを対象に、自宅まで伺って施術させていただきます。
 血液循環を促したり、筋肉のコリを取り除いたり、関節を柔らかくすることを目的としたマッサージ、運動療法を行います。
 介護保険ではなく医療保険を使ったマッサージですので、介護保険の限度額を気にせずご利用いただけます。

対象となる方
 筋肉の麻痺や関節の拘縮、運動機能障害などの症状があるため、歩行に難があって病院や治療院へ通院するのが大変な方が対象となります。寝たきりの方も対象となります。
 【 適応症状・疾患例 】
 ・通院するのに介護を要する方
 ・病気やケガなどで寝たきりや寝たきりに近い状態の方
 ・脳血管障害の後遺症による運動麻痺、知覚障害のある方
 ・パーキンソン病、交通事故などによる歩行困難(大腿骨骨折、脊椎損傷など)
 ・糖尿病性神経障害等による歩行障害のある方
 ・リウマチ、変形性膝関節症、変形性脊椎症の方

※ここに書かれていない病名の方でも、「筋肉の麻痺や関節の拘縮、運動機能障害などの症状があるため、歩行に難があって病院や治療院へ通院するのが大変」という状態であれば、対象となりますので、お気軽にご相談下さい。

 健康保険を適用するためには主治医の先生から、「筋肉の麻痺や関節の拘縮、運動機能障害などの症状があるため、歩行に難があって病院や治療院へ通院するのが大変」という状態であるため、症状改善のための在宅でのマッサージ施術に同意する書類を書いていただく必要があります。
 電話をいただければ、同意書の書式を持って訪問させていただき、詳しい説明をさせていただきます。
 
施術料金 
 施術料金は、医師から同意されたマッサージの部位と内容、施術院から患者さんの自宅までの距離によって算出され、健康保険による自己負担分を負担していただきます。
 
施術時間
 医師の同意書に書かれた施術部位によって異なりますが、概ね20分~30分です。

訪問地域
 高森町、松川町、豊丘村、
 その他、飯田市座光寺、飯田市上郷、喬木村、中川村など、施術院から往復30分以内の範囲とさせていただきます。
                                        腰痛でお悩みの方、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

腰のヘルニアは治るんでしょうか?

 「ヘルニア」という言葉は、飛び出している状態を示した言葉で、「腰部椎間板ヘルニア」というのは、「腰の椎間板が飛び出している」ことによって生じている、腰痛や下肢の傷みやしびれの症状につけられる病名です。

 「ヘルニアが治る」という言葉の意味を「飛び出している物が、引っ込んで元に戻った状態」と解釈すると、カイロプラクティックやその他の保存療法(整形外科での投薬や注射なども含む)では、「治らない」というのが正直な答えだと思います。

 近年、飛び出した椎間板も、何年という長期的な視点では、徐々に吸収されていくという報告もあります。
 カイロプラクティックなどによって、その吸収が早まるというような報告が出てくれば、「ヘルニアが治る」と言えるかもしれませんが、常識的に考えれば、飛び出した椎間板が長い時間をかけて吸収されるのは、体の代謝によるものと考えられます。

 「ヘルニアが治る」という言葉を「腰と下肢の症状がとれる」と解釈した場合、だいぶニュアンスが変わってきます。
 実際、「腰部椎間板ヘルニア」という病名をつけられた多くの人が、保存療法で症状の改善を見ています。
 ただし、症状がとれた後のレントゲンやMRIの所見が大きく変わっているわけではありません。
 
 このようなことが起こるのにはいくつか原因が考えられます。

 先ず1つは、レントゲンやMRIで以上所見が見つかった場所と、症状にはもともと関連がなかったという場合があります。
 「腰部椎間板ヘルニア」という病名は、医師によってつけられるわけですが、下肢に傷みやしびれなどの症状があり、腰のレントゲンで骨と骨の間隔が狭くなっていたりすると、この病名がつけられることが多いとようです。
 腰椎や骨盤、股関節周辺の炎症や、腰周辺や下肢にかけての筋肉の凝りやつっぱりなどによっても下肢の痛みやしびれの症状が出ることがありますが、レントゲンで「骨と骨の間隔が狭い」というような異常所見が見つかることによって、それらの可能性は無視され、「腰部椎間板ヘルニア」という病名がつけられるわけです。
 その場合、関節の炎症や筋肉のつっぱりなどの状態が改善されれば、腰の所見に変化がなくても症状が改善することになります。

 もう1つは、確かに椎間板ヘルニアが原因の場合でも、神経の圧迫が、椎間板のみでなく、その周辺の循環障害が大きな原因となって生じている場合が有ります。
 循環障害によって浮腫んだような状態になり、神経が圧迫されている場合、保存療法によって循環が改善され、浮腫んだ状態が改善されることによって症状が改善されていきます。

 保存療法によって、「椎間板ヘルニア」の症状が改善される理由は、大体このように説明できると思います。

 「椎間板ヘルニア」と一言で言っても、椎間板の飛び出し方、神経の圧迫のされ方、症状の度合いは様々です。
 「膀胱直腸障害」と言って、尿や大便のコントロールが出来ないような状態では緊急な手術が必要になったりしますので要注意です。
 下肢の麻痺が強い場合も、きちんと整形外科で見てもらった方が良いと思います。

 佐野カイロプラクティックオフィスで出来ることは、筋肉や関節が原因で生じている腰や下肢の症状を改善すること。
 はり治療なども合わせて、椎間板そのものではなく、その周辺の循環を改善することによって神経の圧迫を緩和し、症状を改善することと考えています。

 現在、様々な、整体療法が存在しますが、椎間板は線維軟骨という軟骨で出来ていて、繊維の走行の関係で、ひねる動きには弱い物ですので、「椎間板ヘルニア」という病名が付いていたら、強くひねる矯正は避ける必要があります。
 また、上記のように、体の外からの矯正では、飛び出た椎間板が引っ込んだりはしないですから、矯正によって「椎間板が入った」なんて言っているところは??と思います。
                                        腰痛でお悩みの方、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

温感湿布と冷感湿布どちらを貼ったらいいの?

 当院では、患者さんに、湿布をお渡しすることはありませんが、患者さんとの会話の中で「温かい湿布と冷たい湿布、どちらを貼った方が良いでしょう?」という質問を受けることがありますので、湿布についてお話しします。

 湿布には、貼ったときヒヤッと冷たく感じる冷感湿布とポカポカ温かく感じる温感湿布の2種類があります。 
 
 急性期は冷やし、慢性期は温める、という原則についてご存じの方が多く、「急性期は冷感湿布、慢性期は温感湿布で・・」と考えている方が多いようです。

 ところがこれ、ちょっと違うのです。

 湿布には冷感湿布と温感湿布の2種類があると書きましたが、冷感湿布にはハッカの薬が付いているため冷たく感じ、温感湿布には唐辛子の薬が付いているため温かく感じます。
 ところが、「冷たく感じる」「温かく感じる」と言うことと、実際に「冷える」「温まる」と言うこととは別なのです。
 湿布の会社で有名な久光製薬さんが大学に依頼して行った研究によると、冷感湿布も温感湿布も皮膚の温度にはほとんど変化を及ぼさないことが分かっています。
 そして、冷感湿布を貼った場合も、温感湿布を貼った場合も、湿布に含まれている水分が蒸発する際に気化熱を奪うため、わずかに皮膚温を低下させることが報告されています。

 つまり、ハッカの成分や唐辛子の成分は皮膚温の変化には影響していないわけです。
 冷たく感じさせたり、温かく感じさせる成分ということですね・・。

 では、湿布の目的は何か・・ということですが

 第1の目的として<
 「消炎鎮痛剤を皮膚から浸透させる」ということが上げられます。
 湿布の中には「インドメタシン」などの消炎鎮痛剤が塗り込められていて、それを皮膚から浸透させ、患部の痛みを和らげるわけです。
 消炎鎮痛剤については、どの湿布にも含まれているわけではありませんから、薬局で湿布を購入したりする場合には注意が必要です。

 第2の目的ですが、
 「痛みを感じている場所に、別の感じを感じさせ、痛みを和らげる」という効果があります。
 先程、「ハッカの成分や唐辛子の成分は皮膚温の変化には影響していない」と書きましたが、冷たく感じさせたり、温かく感じさせたり、という働きがあるわけです。
 痛いところに、冷たい感じを感じたり、温かい感じを感じたりすることによって、もともとの「痛い」という感じが紛らわされるわけです。
 また、「冷たい感じ」「温かい感じ」以外にも、湿布を貼ることによって、皮膚に対する圧刺激、皮膚を引っ張るような刺激が加わり、その触覚の変化によっても鎮痛効果が生じます。

 第3の目的として、
 皮膚に対する圧刺激、皮膚を引っ張るような刺激が加わることで、皮下の血液やリンパの環流を促進する効果も期待できます。
 
 以上を踏まえて、最初の「温かい湿布と冷たい湿布、どちらを貼った方が良いでしょう?」ということについて考えたいと思います。

 冷感湿布、温感湿布、どちらも、実際に温度を変える物ではないですから、どちらを急性期に使用しても慢性期に使用しても良いことになります。
 湿布の目的で考えると、湿布選びで、どのような消炎鎮痛剤が含まれているのか、ということも重要ですね。
 そして、意外と重要なのが、第2の目的で書いた「冷たい感じ」「温かい感じ」によって痛みを紛らわす効果です。
 人によってはこの効果が消炎鎮痛剤の効果を上回ってしまう場合もあります。
 ただ、どの程度その効果があるかは、貼ってみないと分からないと言うのが正直なところです。

 結論として、
 急性期、慢性期に関係なく、先ずは、消炎鎮痛剤が含まれているかどうかを基準に、湿布を選んでみる・・。
 効果を感じられなければ、いろんな湿布を試してみて、自分が最も楽に感じる物を使う。
 というのが合理的な考えだと思います。

 急性期は冷やし、慢性期は温めるという原則そのものは正しいですので、急性期にはアイスノンや氷嚢など実際に温度の低い物で冷やし、慢性期にはホッカイロなど実際に温かい物で温めることが大切になります。

 ※記事中の大学での研究結果の部分ですが、こちらは、私がわたなべ整形外科勤務時代に、久光製薬さんから研究データを見せてもらった内容をもとに書いています。
                                        肩こり、腰痛、膝痛なら、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

父の手伝い

 今日は、父の市田柿ジュース作りを手伝ってきました。
 その模様は、こちらに掲載してあります。

 本来なら、「お知らせ」に書いてあったように、大坂で研修会の予定でしたが、研修会の日程が3月に変更になったため、急遽、多々野手伝いをすることになりました。

 近所の農産物加工所での作業となりましたが、どのような行程で、市田柿からジュースが作られるのか・・、治療とは関係ないですが、良い勉強になりました。
                                        肩こり、腰痛、膝痛なら、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

お世話になっている団体や先生方

私がお世話になっている団体など
赤門鍼灸柔整専門学校
わたなべ整形外科
日本カイロプラクティックアカデミー
日本カイロプラクティック師協会
日本カイロプラクティック徒手医学会
日本TFT協会
三軸修正法
プライマリーモーション指導者協会
M.B ボディアートスクール
治療院経営研究会PCC

日本カイロプラクティック徒手医学会でお世話になっている先生
石田カイロプラクティックオフィス、神戸のカリスマカイロプラクター 石田 順教 先生
カイロプラクティック原口 原口 悟史 先生

その他研修会でお世話になった先生
創楽カイロプラクティック研究所 大阪府 酒井 逸雄 先生
一宮カイロプラクティックセンター 愛知県 一柳 実 先生
レディースカイロプラクティック岡町 大阪府 秋山 久恵 先生
あゆむ接骨院 前田 孝之 先生
吉田整体院 吉田 靖 先生
青山鍼灸治療院 青山院長ひとりごと 青山 能久 先生
こせ接骨院 小瀬 信彦 先生
クレアトゥール整体院 波田野 裕晃 先生
成城トータルコンディショニング 森本 知行 先生
体のバランス矯正院 寺平 義和 先生
きらら健康整体院 山田 恭正 先生
コツコツ矯正院コツコツ日記 前田 和弘 先生
スミレカイロプラクティック伊勢 小田 学 先生
リバース治療院 ゆるゆる『治療家』を目指す 自己満足日記 加藤 直也 先生
快ネスカイロ・オフィス 岩口 孝雄 先生
横井接骨院 横井金整復院 横井 伸幸 先生
かんだ整骨院 つくば市 神田 健二 神田 園美 先生
BANBINA(バンビーナ) 森 みか 先生
都島肩こり腰痛センター バンカラ主将のほのぼの治療日記 佐々木 一任 先生
まる福整骨院 まる福新米院長日記 福家 正輝 先生
Fun Fan 整骨院 Fun Fan 整骨院 ブログ 荒川 博達 先生
さとう整骨院 佐藤 実 先生
里の整体 Body Balance Labo 晴れ時々里の整体 里 浩吏 先生
リラックスカイロプラクティックセンター 長島 光彦 先生
美容整体サロン『 Wanna be 』 沼崎 信行 先生

地元で懇親のある先生
下田整骨院 下田 悠貴 先生

その他ご縁のある先生やサイト
赤ひげ塾長野県支部トウヨウ本院、支店 総合健康サロンぽかぽか 徳武 正久 先生、徳武 義恵 先生
パワーストーン、天然石アクセサリーの通販サイト【あまのいわと】 涼音さん

                                        肩こり、腰痛、膝痛なら、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

「腰の牽引」って効果あるの?

「病院でやっている腰の牽引」って効果あるの?

 これは、今日、施術中に患者さんが発した質問です。

 当院では、整形外科で行っているような腰の牽引は行っていませんが、私は、以前、栃木県足利市のわたなべ整形外科のリハビリで6年間勤務して、腰の治療として腰の牽引を患者さんに行っていたましたので、その立場から、私の考えを書きたいと思います。

 その患者は、。
 以前、整形外科で3ヶ月間、腰の牽引に通っていたけれど効果が感じられなかった。
 牽引の強さは50㎏くらいまで上げていた。
 という話をしてくれました。

 OG技研株式会社の牽引機
 これは、私がお世話になったわたなべ整形外科のリハビリにも設置してあったOG技研株式会社の牽引機です。
 病院で行っている牽引ベッドによる牽引では、患者さんが仰向けに寝て、設定した強さで引っ張ったりゆるんだりを繰り返します。

 腰の牽引によって何を期待しているか・・

 腰を牽引すると椎間板が引っ張られることによって、椎間板内が陰圧になり、飛び出していた物が引き戻される。
 というのが、何となくイメージしやすいことだと思いますが、実際には、椎間板とその周囲の組織に引っ張ったり緩んだりという刺激を加え、それによってポンプのような作用で、椎間板周辺の循環障害や炎症を改善させるというのが、合理的な考え方だと思います。

 この患者さんの話を聞いたとき、先ず考えたのが、牽引の強さが強すぎたのではないか、と言うことです。

 リハビリの現場では、患者さんの「引っ張った気がしない」という訴えによって、牽引の強さをどんどん強くしていくというのはありがちなことですが、これが良くないのでは・・、と考えています。

 試しに、自分の人さし指を反対の手で握って、ゆっくり引っ張ってみて下さい。
 そ~っと引っ張っていくと、指の付け根の関節がゆっくり広がるのが分かると思います。
 逆に、少し強く引っ張ると、引っ張られる手と指に力が入って、関節が広がらなくなってしまうのが分かると思います。

 腰の牽引でもこれと同じことが言えます。

 弱い力の牽引であれば、患者さんが力を抜いて身を任せ、椎間板に対して引っ張ったり緩んだりの刺激を与えることができるのですが、40㎏とか、50㎏という強い牽引では、患者さんは、牽引に合わせて、腕と体に力を入れたり緩めたりを返して、肝心の椎間板にはその力が伝わらないと考えられます。
 牽引が終わったときに患者さんには、力を入れたり緩めたりした疲労感と達成感があるのは確かですが、これは本来の目的とするところではありません。

 腰痛の原因や、その状態は様々ですので、全ての腰痛患者に対して腰の牽引が効果があるわけではありませんが、病院で腰の牽引を行っているけれども効かない、という場合、牽引の力を強くするのではなく、逆に弱くしてみるというのも試してみる価値大だと考えますが、いかがでしょうか。

※私は理学療法士ではありませんので、理学療法の学校で、腰の牽引の機序についてどのように説明されているのかは知りません。
 上記の内容は、わたなべ整形外科のリハビリに勤めていた当時の腰の牽引の強さについての考え方です。
                                        ギックリ腰、腰痛、坐骨神経痛なら、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

小顔整体のページをアップ

 本日、このブログ内に「小顔整体」のページをアップしました。
 11月はじめに小顔整体セミナーを受講してから、私と家族のフォトアルバムに小顔整体実施例を2例掲載し、料金のところに「1回 5,000円」と表示しただけでした。
 
 ブログ内に、ページが出来たことで、これから本格的に営業開始という感じです。
                                        小顔整体なら、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ 
 

M.B式小顔整体

小顔整体ってどうよ?

 数年前から「小顔エステ」などの言葉が聞かれるようになり、「小顔」について雑誌やテレビ番組などで紹介される機会も増えてきています。

 それらの記事や番組では、通常、「before」「after」という形で施術前と施術後の比較写真が掲載されたりしますが、顔そのものが小さくなったというよりも、写真の撮り方で小さく見せているだけでは?と思うようなものも少なくありません。

 施術前と施術後では、写真の露出が変わっていたり、髪型が変わっていたり、表情が変わっていたり・・。
 
 そんなことから、「小顔エステ」や「小顔整体」ということに対して、胡散臭さを感じていた私ですが、そんな中で、これは本物だ!と感じたのが、「M.B式小顔整体」です。

 当院では、M.B ボディアートスクールの、M.B式小顔整体コースを受講し、認定証を受けて、小顔整体を行っています。
  M.B式小顔整体認定証

M.B式小顔整体では・・
 皮膚・リンパ・筋肉・骨格をソフトに調整してすることで、効果を出していきます。
 顔と全身との関連性を考慮した調整で、先ず、下肢や上肢からアプローチすることで、効果が出やすくなる(短時間で効果が実感できます)と同時に効果の持続性も高まります。
 
 オイルやクリームといったものは一切つけませんので肌荒れの心配もございません。
 もちろん、オイルやクリーム、健康食品などを販売したりということは一切ありません。
 あくまで、ソフトな手技のみで効果を出します。

期待できる効果として・・
 ・あごのラインがシャープに
 ・たるみやむくみがスッキリM.B式小顔整体
 ・口元が引き締まる
 ・顔全体がリフトアップ
 ・お肌の透明感もアップ
 ・お化粧のノリが良い
 ・お肌がしっとりと艶やかに
 ・化粧水の吸い込みが良い
 ・シミ・シワ・くすみなどに効果あり
 ・目が開けやすく、大きく見える
 ・目の充血が軽減
 ・カラダが楽になる
 ・表情筋がほぐれ、自然に笑顔が! などが上げられます。

 効果効能には個人差があり、保証するものではありません。

M.B式小顔整体実施例←リンクをクリックして下さい。詳しい解説がご覧いただけます。

 モデル第1号は私の母ですが・・
 施術前    施術後
          施術前                       施術後

お願い
 施術は、洋服を着たまま、メイクを落とさずに行いますので、気になる方はノーメイクもしくは薄めのメイクでお願いします。
 施術後、メイクが大きく乱れることはありませんが、念のため、メイク直しのご用意をお願いします。
 当院では、肌のトラブルを避けるため、クレンジングなどはご用意しておりません。

施術料 
 M.B式小顔整体の施術料は、 1回 5,000円 です。

こんな方に・・ 
 何年も残ってしまう免許証の写真撮影前や
 アニバーサリーやイベント、
 大事なデートや面接・商談、
 ブライダルの前などにもどうぞ!

 男女問わず、受け付けています。

 効果効能には個人差があり、保証するものではありません。

                                        小顔整体なら「MB式小顔整体」、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

資格と能力

 今日は、隣町で消防士をしている方が患者さんとして来院しました。

 いろんな話をしながら施術をしたのですが、
 「緊急出動以外の時は、ずっと訓練しているんですか?」と聞いたところ、緊急出動の際の報告書や、統計資料の作成など、事務作業が意外と多いと言うことを教えていただきました。
 もちろん、訓練もしているそうですが、最近では、緊急処置も高度化していてなかなか大変なんだそうです。

 救急救命士として気管挿管をすることもあるそうですが、その方は今まで緊急出動では5回ほど実施したことがあると言うことでした。
 
 気管挿管するには、専門の病院で、医師の管理の下30症例以上の成功実施を経た上で修了証をもらい「気管挿管認定救急救命士」として認定される必要があるということも教えていただきました。

 その話を聞いて感じたことですが・・

 「気管挿管認定救急救命士」という資格を持っている人は、気管挿管についての実技能力をしっかり身につけていることが明らかに分かります。

 一方、私たちの資格、「柔道整復師」「はり師、きゅう師」「あんまマッサージ指圧師」「カイロプラクター」についてはどうなんでしょうか?

 例えば、「柔道整復師」は、その業務としては、骨折、脱臼、ねんざ、打撲、挫傷、と定められていますが、実際の患者さんで様々な部位の骨折や脱臼の整復を体験している先生がどれだけいるでしょうか?
 一応、実技の時間に整復法ということで、その方法を習うわけですが、実際使えるものになって、卒業し、資格を得ているかどうかという点については?です。
 ほとんどの先生方が、資格を取ったあとで、病院や接骨院などで研修を積み、実際の体験をして、自信をつけたところで開業されていると思いますが、上記の「気管挿管認定救急救命士」のように、「柔道整復師」の資格は、その資格の業務範囲についての実力を保証できるような資格ではないことが分かります。
 
 「はり師、きゅう師」「あんまマッサージ指圧師」「カイロプラクター」についても、同様で、先生によってその実力は様々、施術のやり方も様々で、その先生にかかってみないと分からない・・、というのが実状です。

 私は、そのような曖昧な世界で、施術業をやっているわけです。
 私は、「柔道整復師」「はり師、きゅう師」「あんまマッサージ指圧師」「カイロプラクター」「プライマリーモーション認定指導員」などの資格をもってはいますが、どの程度の実力なのか・・、
 それは来院していただき、実際に感じてもらうしかないのかもしれません。
 
 来院いただいた患者さんへの施術で、きちんと効果を出して、信頼してもらうしかありませんね。
 ということで、これからも頑張っていきます。
                                        腰痛、肩こり、五十肩なら、長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ

お陰様で今年は・・

 当院がある、下伊那郡高森町周辺では、10月下旬から今頃まで、市田柿の収穫と皮むき、リンゴの収穫が盛んになって、毎年、患者さんが減ってしまうパターンが続いていました。
 開業してからずっとそのパターンに悩まされていましたが、今年は、いつもほどの落ち込みはなく、施術に専念することが出来ました。
 有り難いことです。

 今年は、MB式整体講座や小顔セミナーを受講したりして、今までとは少し違った施術内容に変化していることも影響しているかもしれません。

 あと、11月は、「ホームページを見ました」という患者さんが3人いらっしゃいました。
 佐野カイロプラクティックオフィスのホームページを作成して、3年あまりになりますが、「ホームページを見ました」という患者さんは、今まで6人ほどしかいませんでした。
 それが11月1ヶ月間に3人です。

 11月から、このブログ版も作成を始めていたこともあって、とても嬉しいことです。
 これまで、ホームページの更新をサボっていた部分もありますので、これからは、まめに更新して、より内容の濃い物にしていきたいと思います。
                                        長野県下伊那郡高森町の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ 

今回も濃い内容でした。

新宿のNSビルで開催させた、M.B ボディアートスクールのMB式整体講座を受講してきました。

新宿NSビル内のクリスマスイルミネーション
NSビル内のクリスマスイルミネーションです。

今年から、この講座を受講していますが、今日は5回目です。

相変わらず、濃い~内容で、明日から使えるテクニックをビシバシ叩き込まれてきました。

今年は、このMB式整体講座を受講したことで、施術内容もいろいろと変化しているのを感じていただいていると思います。

今後も、少しずつ進化していきますので、お楽しみに・・。

講座の方は写真を撮影できないので、写真をアップできないのが残念ですが、講座の様子は、こちらのブログでアップされています。

1月18日はMB式整体総復習会に参加予定です。
                                        肩こり、腰痛は、カイロプラクティックとMB式整体の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス、トップへ
SEO対策: カイロプラクティック 整体 腰痛 予防 下伊那郡